資料請求

学科概要・カリキュラム

カリキュラムの構成

カリキュラム図

カリキュラムの詳細はこちらをご確認ください。

マネジメントと研究能力=色とりどりの心
在宅看護論看護の統合と実践

様々な職種の方々と協力し患者さんの支援
自宅で生活している方の支援と社会資源の活用
看護のクオリティを高めるための研究の必要性

広く豊かな知識=心をカタチにする
母性看護学小児看護成人看護学老年看護学

生まれる前の赤ちゃんの成長から、亡くなられる方への理解を深めます。病院で様々な病気の方の看護を実際に行います。

しっかりした学習=看護の心を育てる
基礎看護学精神看護学

心は傷つきやすいことを学びます。そして、傷んでいる心に寄り添います。心と身体の健康の大切さと安全で負担なく看護する技術を学びます。

より広く深い学び=心の下地をつくる
基礎分野専門基礎分野

「看護する」とは病気であってもそうでなくても、あなたや私がより良い状態を維持する助けをすることです。 ここでは、人間の身体と心について学びます。

横浜中央看護専門学校カリキュラム構造図について

基礎分野を、専門基礎分野・専門分野の土台として位置づけ、人間と社会を幅広くみる見方、考え方、自己を含めた人間理解につながる科目を設定しました。
専門基礎分野では、看護に必要な基礎(人間の健康に関する知識)として位置づけ、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度の構成としました。
 専門分野Ⅰは専門分野Ⅱ、統合分野の土台と位置付け、看護の概念や役割、看護の基本技術、問題解決方法の科目を設定しました。
 専門分野Ⅱは、各期の成長発達の特徴とその健康上の問題を明らかにし、対象に応じた看護を実践できる能力を育成する分野と位置づけ、構成としては、心の健康をとらえられるように精神看護学を土台に置き、成人・老年・小児・母性看護学を積み上げる形式としました。統合分野は看護学の統合と位置付け、在宅看護論、看護の統合と実践で構成し、卒業後の臨床現場に適応できることを目指します。