タウンニュース 神奈川区版に本校の卒業式が掲載されました。

神奈川県全地域・東京多摩地域の地域密着型フリーペーパーの地域新聞「タウンニュース 神奈川区版」316日号にて、本校の第1回卒業式が取り上げられました!

記事には、卒業生の答辞などが記載されています。

(記事はタウンニュース公式HPでもご覧いただけます。

 URLhttp://www.townnews.co.jp/0117/2017/03/16/374336.html )

 見出しにある通り、本校で初めて卒業生を輩出し、「医療の担い手」が「誕生」しました。卒業した1期生が自分の目指す道へ突き進み、本校で学んだ事を活かして立派な看護師になることを願っております。

在学生・新入生は、今学んでいる事・これから学ぶ事を一つずつ丁寧に自分の知識へと変えていき、自分の道を切り拓けるよう土台作りに勤しんでもらいたいです。

「最期まで口から食べる」~ケアプラザ協力医と学ぼう~

1月28日(土)に、在宅看護実習で大変お世話になっている新子安地域ケアプラザ様と本校の共催で、地域の方々に向けた「介護・医療教室 安」を行いました。

介護医療教室

テーマは「最期まで口から食べる」~ケアプラザ協力医と学ぼう~で、ケアプラザ協力医の赤羽重樹先生をお招きし、講義形式で行いました。

講義では、30秒間で何回唾をのみこめるかをチェックする「飲み込みチェック」を行い、本校の教員も実践しました。また、医師から誤嚥と誤飲の違い・口から喉の構造と機能・食べるしくみ等を説明して頂き、在宅生活を送る上で食事の大切さを学びました。

講義内容はとても分かり易く、質疑応答も活発に行われた研修会となりました。

 また、近隣の町会長様にもご参加いただきました。初めて本校にいらしたとのことで、講義終了後に、津波避難場所である本校の施設概要を説明いたしました

 

このような講義やハマロードボランティアなどを通じて、今後も地域の方々に貢献できるような看護学校を目指してまいります。

 

 

 

初詣へ行きました

 本校の氏神様、笠䅣稲荷神社へ教職員で初詣に行きました。

笠䅣稲荷神社への初詣は本校の毎年恒例の行事となっておりますが、今年は特に本校としては初の3年生の国家試験全員合格を祈願してきました。

初詣①初詣②

今週末にかけて大寒波がやってくる上、第106回看護師国家試験まであと残り1ヵ月を切りました!3年生が100パーセントの力を出し切れるように願っています。

また、今年度最後の入学試験(C日程)まで残り1ヵ月です。

受験生の皆さんも今まで培ってきたものを入学試験で100パーセント発揮できますよう、お祈りしております。

 

バレーボール大会・運動会の慰労会

1216日の講義終了後に、AMGバレーボール大会・運動会に参加した学生を集めて、慰労会を開催しました。

 当日は高橋副学校長から労いの言葉を頂戴した後、参加者全員で乾杯し、慰労会がスタートしました。

慰労会1慰労会2

スクリーンにはそれぞれの大会の様子や応援風景が映し出され、「こんなことあったね」と振り返りながらみんなで大いに盛り上がりました。

慰労会3慰労会4

また、その中でそれぞれの大会に選手として参加した学生から、来年もぜひ頑張りたいと心強いコメントも飛び出しました。

慰労会5

昨年はバレーボール大会・運動会ともに優勝で、祝勝会となり、今回は残念ながら連覇とはならず慰労会という形になりましたが、テーブルに置いてあったたくさんの軽食はあっと言う間になくなり、会話も弾み教職員・学生みんなで楽しむことができて良かったです。

あと2週間ほどで今年が終わり、新年が始まります。みなさんも体調管理に気を付けて、よいお年をお迎えください。

看護師国家試験まであと100日!

気づいたら季節も変わり、寒くなってきました。

寒い季節が近づき、クリスマスまであと約1ヵ月ということで、本校ではクリスマスツリーの飾り付けをしました。

クリスマスツリー&国試

クリスマスの飾り付けをみると、幼少期を思い出します。クリスマスが待ち遠しくなって、少しわくわくしますね。

 クリスマスツリーの横にあるのは、本校の3年生へ向けた「第106回看護師国家試験への応援メッセージとカウントダウンカレンダー」です。

本校は初めての国家試験を迎えることとなり、学生はもちろんのこと、教職員もドキドキしながらこのカウントダウンカレンダーを日々眺めております。下級生・教員・事務職員が3年生へ応援メッセージを寄せ書きし、それを読んだ3年生がこっそりと返事を書いていました。

 

そして、ついに国家試験まであと残り100日となりました!

3年生は臨地実習が終盤に近づき、そろそろ勉強の追い込みをかける時期です。

寒さとプレッシャー、そして何よりも自分に負けずに、国家試験に合格してもらいたいと思います。

 

防災訓練を実施しました

10月19日に本校で防災訓練を実施しました。

今回は「大きな地震が発生し、それに伴い火災が起きた」という想定で訓練を行い、

実際にサイレンを流し避難経路を確認しながら、本校に専門業者の方から消火栓の使い方や消火器の使い方を指導して頂きました。

学生は普段あまり見ることのない消火栓に興味津々でした。

防災訓練1.1防災訓練1.2防災訓練1.3防災訓練1.4

その後、講堂に移動して本校教員により救命処置として、心肺蘇生法とAED使用方法の指導がありました

防災訓練2.1防災訓練2.2

学生は役割を交代しながら、色々な体験を通して学びました。

防災訓練3防災訓練4

「看護師を目指す者として出来ていないと困りますよ」という教員の話もあり、

学生は積極的に心臓マッサージの練習に参加していました。

学生はどのくらいの力加減で実施するのか等を教員に質問しながら、正しいやり方を学んでいました。

 

災害はいつ起きるかわかりません。

私はこれをきっかけに日頃から防災知識をつけて、備えていきたいと改めて感じました。

みなさんもご家庭の備蓄食品や学校の避難経路を再確認してみてはいかがでしょうか。

 

~おまけ~

防災訓練が始まる前に非常食(カレー・アルファ米)の試食会を開きました。

階段を上がると、カレーのいい匂いが漂い、学生が列を作って待っていました。
防災訓練5防災訓練6

学生から感想を聞いたところ、「普段食べているカレーと同じで美味しいですね!」と好評でした。

普段食べることがあまりない非常食の味を知ることで、災害用の備蓄食品について考えるきっかけになったのではと思います。

第52回AMG大運動会に参加しました!

秋と言えば、スポーツの秋ですね。

スポーツの秋には、みなさんの学校と同じように、AMGグループでも運動会が開催されます。昨年に引き続き、全施設が集う「AMG大運動会」に本校も参加しました。開会式では、各施設が整列し、施設の個性あふれる旗もずらりと並んでいました。

運動会1

 

また、担当施設によるパフォーマンスも披露されました。

運動会2

運動会ではA~Hまでの8ブロックに分けられ、昨年Hブロックで優勝した本校は、一つ上のGブロックで他施設と競いました。

競技は

①百足リレー

②スプーンリレー

③綱引き

④病院・施設対抗リレー

4つです。

どの競技も、みなさんが一度は参加したことのあるものではないでしょうか?

運動会3運動会4運動会5

本校のチームは、第1種目の百足リレーでは苦戦し、残念ながら6位に終わってしまいました。

運動会6

2番目の競技・スプーンリレーは、卓球のラケットのような物の上にボールを乗せて走り次の走者に渡す競技で、ここで見事に2位に食い込みました。

綱引きでは、本校の学生だけではなく、学科長・事務長も出場選手となり、学校一丸となって競技に参加しました。本校も含め、全施設が様々な戦略を練って試合に挑んでいました。

 運動会7

 

大会の終盤で行われる病院・施設対抗リレーでは、どの選手の表情も真剣そのものでした。

運動会8運動会9運動会10

本校の学生も、友達といつも楽しく笑っている姿とは違い、勝利に向かって真剣に走っていたのが印象的でした。

運動会11運動会12

本校は残念ながらGブロック5位の成績で大会を終えました。

授業や実習の合間を縫って大会に参加した学生は大健闘!学生にとって楽しい思い出になったかと思います。

 

本校の秋は、学校説明会・運動会・入学試験とイベント盛りだくさんです。

受験生のみなさんも、秋はイベントがたくさんあると思いますが、体に気をつけて、受験勉強に励んでください。

久しぶりのブログ更新:おすすめの本紹介

久しぶりのブログ更新です!

8月は夏休み期間ということで、本校もイベントが目白押しでした。

夏休み期間は長く、学生の方々は多くの宿題があったかと思いますが、いかがでしたか?

 

夏休みは終わってしまいましたが、読書の秋が近づいてきたので、

ここで医療・福祉の世界が舞台となったおすすめのSF小説を紹介します。

 

 

『アルジャーノンに花束を』

ダニエル・キイス著 小尾 芙佐訳 早川書房出版 

《あらすじ》

知的障がいを持つ青年チャーリィ・ゴードンは、叔父の知人のパン屋で働きながら知的障がい者専門の学習センターに通っていました。心が優しく人を疑う事を知らないチャーリィは、職場の仲間や学習センターのキニアン先生のように「賢くなりたい」と思っていました。ある日、キニアン先生は、開発されたばかりの知能を向上させる医療実験(脳手術)をチャーリィに勧めます。チャーリィがその実験を行っている大学へ足を運ぶと、その手術の動物実験を受けたハツカネズミのアルジャーノンがいました。アルジャーノンは驚くべき記憶力と思考力を持っていて、チャーリィは迷路の競争でアルジャーノンに負けてしまいます。アルジャーノンの驚異的な能力を目の当たりにした彼は「手術を受ければ、アルジャーノンのように賢くなれるかも」とその実験の初の人体実験被験者になることを決意します。

《この作品のポイント》

 その①:舞台は現代で、チャーリィ自身の言葉で記されている「経過報告」によって物語が進んでいきます。なので、手術前と手術後でガラリと文章の書き方が変わります!

 その②:知識の向上を追い求めるがあまり、他者への共感意識とのバランスが取れなくなった現実社会を描いている作品です。科学技術・医療技術の発達で人類は幸せになるはずが、争いごとが絶えない世の中となってしまった原因を作者のキイスなりの答えとして書かれています。

その③:チャーリィは感情移入しやすいキャラクターなので、周りの人への接し方を考え直すきっかけを作ってくれます。

 

たかがSF作品、されどSF作品です。

文学では、SF作品は現実社会を投影しているジャンルの一つで、現実社会の問題点を近未来や仮想現実の世界に書き換えて、問題提起をしているものが数多くあります。

ここで紹介した『アルジャーノンに花束を』は、現実と同じで綺麗ごとだらけではありません。チャーリィの「経過報告」を通じて、差別を受ける人々の苦しみ・悲しみ、孤独感を描き、社会で生きるとは何か、人間として必要な事・大切な事を教えてくれる作品です。

この作品を読むことによって看護師を目指す皆さんの考えの幅が広がると思い、ここで紹介させていただきました。

 

912日から本校の推薦・社会人特別入学試験の願書受付が始まります。

本校を受験される皆さんは、本番に備えて受験勉強・面接練習など頑張って下さい。

鳥の雛が卵からかえっていました。

以前でこの記事でお伝えした鳥の巣で、鳥の雛がかえっていました!

雛鳥

親鳥の帰りを待って口を大きく開けています。

 

卵の孵化は約21日かかるそうです。

その期間の中で心臓や血管などの身体の器官が卵殻の中で出来上がり、自力で殻を割って外界へ出ていくそうですよ。

 

 

 

第2回オープンキャンパス・実習病院説明会を行いました!

 86日(土)に第2回オープンキャンパスと実習病院説明会を行いました。

普段のイベントは半日で終了しますが、今回午前はオープンキャンパス、午後は実習先病院と分けて、丸1日使った盛りだくさんなイベントでした!

 

午前の第2回オープンキャンパスは、前回よりたくさんのブースで体験してもらうため、今回は入退場自由で様々なブースに参加できるようにしました!

どのブースも数多くの皆様方に参加いただきました。

【授業紹介】成人看護学【授業紹介】小児看護学【授業紹介】精神看護学

成人1小児1精神1

【授業紹介】在宅看護学【授業紹介】母性看護学【模擬講座】~聴診器に触ってみよう!~

在宅1母性1模擬授業

【模型展示】~人体の仕組みを知ろう!~ 【先輩看護師と話そう!コーナー】(オペ室)

模型展示先輩看護師

【学生と語ろうコーナー】

 学生1学生2学生6学生5学生4学生3

 

オープンキャンパス・実習病院説明会の両方に参加いただく方には、休憩時間前に軽食(ロッテリアのハンバーガー)をお配りし、休憩していただいた後、実習病院説明会に移らせてもらいました。

 今回は講堂に入りきらないほど大勢の病院関係者様に来校いただき、ありがとうございました。

また、それに負けないほど多数の参加をいただき、場内は熱気に包まれました。

病院説明会病院説明会2

 

講堂の入口付近では、本校の「何でも相談コーナー」を設け、個別に相談を受け付けました。

病院説明会3

最後まで多くの参加をいただき、オープンキャンパス・病院説明会共に大盛況でした。

参加いただいた方に感謝いたします。ありがとうございました。

 

 

実は、今回のオープンキャンパスは年内最後のオープンキャンパスでした。

「参加すればよかったなあ・・・」「参加したかったけど、受付終了してた・・・もっと早く申込めばよかったなあ・・・」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。

そんな方に朗報です!

 

819日 第3回学校説明会

827日 第2回高校生限定ミニオープンキャンパス

910日 第4回学校説明会

 

上記のイベントはまだ受付しておりますので、ご参加お待ちしております!

(※各回定員に達すると受付を終了させていただきますのでお早目に申込みください)